ネズミ駆除で導く清潔な生活環境|綺麗な家に変身

巣があった時の対応

蜂

大規模な巣があれば業者に

蜂は害虫を食べますから、人間にとって悪影響ばかり与える虫というわけではありません。ただし、刺されれば痛みを伴いますし、毒にショック反応を起こして最悪の場合、死に至ってしまいます。住宅の敷地内に巣が作られてしまうようなことがあると、安心して生活を行うことができなくなるでしょう。春先から秋にかけての季節には、蜂は非常に活発になります。繁殖期になれば、巣に近づくだけで刺されることもありますから、しっかり巣を駆除して蜂を退治する必要があります。軒下や戸袋の中、床下は特に巣が作られやすい場所です。もし蜂が飛ぶようになったら、ご自分の家屋に巣がないかチェックしてみてください。もし大きな巣があれば、退治も困難になります。大きな巣は駆除業者への依頼を迷わず行いましょう。

ご自身で対応する場合

もし発見された巣が、小規模であるならば、ご自身で駆除することで蜂退治も可能です。ただし、ハチの種類がスズメバチやアシナガバチの場合には、毒性が強いため刺されないように細心の注意を払わなければなりません。防護服や厚手のレインコートを使用し、肌の露出は避けるようにしましょう。万一刺された時に備えて、毒吸引器などを準備しておくと良いでしょう。方法は、殺虫剤の使用が基本となります。巣に向けて蜂の羽音がなくなるまで十分に噴射しましょう。殺虫剤を多めに準備しておくことが、駆除・退治のうえで重要なポイントとなります。羽音がなくなったならば、巣を削り取って、袋などにダイレクトに落とし、できるだけ触ることなく処分しましょう。なお、自治体によっては、蜂の駆除・退治について防護服や殺虫剤の貸し出しを行ったり、業者へ依頼した場合の費用を助成する制度もあります。巣が発見された際には、自治体に相談してみると良いでしょう。